和真のおもてなし

よく似合い、見え方と掛け具合のバランスが最適なメガネとは、真面目で親切な販売員の真摯さに加えて、専門知識や技術・豊富な経験、そして真のコンサルティングによって提供されると考えます。
流れ作業的な量販店とは一味も二味も異なる和真のコンサルティングは、支えてくださる多くの和真ファンのお褒めやお叱りで磨かれた賜物。

あなたに「ぴったりのメガネ」に出会えるよう、和真は今日も高い技術と心地良い接客で、お客様をおもてなしいたします。

  • 視力測定

    良く見えて快適なメガネを作製するためには、視力測定は大切なポイントです。
    まずは最新のコンピューターで他覚的な測定を行いますが、これはあくまでも単なる目安でしかありません。
    和真ではここからの視力測定を重要なプロセスとして捉え、社内資格を有するスタッフがしっかりと時間をかけた自覚的測定を行います。
    具体的には、アメリカのオプトメトリスト(国家資格を有する眼鏡士)が提唱・使用する、「米国式21項目検査」をアレンジした和真の測定パターンに基づき、現状の視力、裸眼・使用メガネの視力、利き目、立体視チェック、そして必要に応じて調節力測定や両眼視機能チェックなどの様々な測定を行い、正しく快適なメガネとなるように、十分なコミュニケーションをとりながら度数を決定しています。
    申し訳ありませんが、和真の視力測定には少しお時間がかかります。ですが、それにはキチンとした理由があるのです。

  • フレーム選び

    フレームは、店内にある数多くの商品から、お客様自身が自由にお選びいただけます。
    「やさしい雰囲気になるように掛けたい」…などのメガネを掛けたときのイメージがあれば、ご遠慮なくおっしゃってください。お客様のご要望を汲み取りながら、時にはご要望通りに、時には意外性のある新たなイメージのご提案を含めて、和真のメガネスタイリストがフレーム選びをお手伝いいたします。
    また、フレーム選びにはレンズを入れた後の外観や重さのバランス、フィッティング状態、よく見えるかどうかなどなど、出来上がり後を考え予測する専門的な知識と経験も必要です。
    せっかくデザインが気に入ったフレームでも、お客様のお顔や度数に適したものでなければ、安定して掛けられない、あるいは見え方の良くないメガネになってしまいます。
    和真ではファッションと眼鏡学、双方の観点から、専門知識を持ったスタッフがお客様に合ったフレーム選びのお手伝いを行っております。

  • レンズ選び

    メガネを使用する生活シーンが分からなければ、お客様にとって良いレンズをご提案することはできません。
    ですから、レンズ選びには、まずお客様にご利用の用途、頻度、ライフスタイルなどをお伺いする必要があります。
    例えばパソコン用メガネであれば、1日どのくらいパソコンを使うか、使っているパソコンはノート型なのかデスクトップ型なのか、普段用と分けて使うのか併用するのか‥などをお伺いします。その上で、お客様お一人お一人に合った最適なレンズをご提案しています。
    また、多様化するライフスタイルとお客様のご要望に十分にお応えできるよう、和真では一流メーカーのレンズを多数ご用意しています。お客様に最適なレンズ選びのために、レンズの種類を数多くご用意すること… 経営的に決して合理的では無いかも知れませんが、和真にはメガネコンサルティングのプロとしてこだわりがあるのです。

    更に、レンズの厚みは、和真が独自開発したレンズ厚シミュレーター「MS-2」で、実際どのくらいの厚みになるかを試算し、「レンズ厚サンプル」でご覧に入れています。メガネを作製する前に、仕上がりの外観やレンズの厚みをイメージしていただくことで、お客様のお好みに合ったレンズを選んでいただくことが可能です。

  • メガネの加工

    メガネは、半完成品であるレンズとフレームを組み合わせて初めて完成品となる、オーダーメイド感覚の強い製品です。ですから、良いメガネとは、組み合わせの良し悪しに加えて、その組み合わせを活かす加工技術も重要なのです。
    和真では、「レンズの焦点位置を正確に作製すること」を最優先に、熟練のベテランが最新の加工機と技術を駆使してメガネを加工しています。
    例えば、「すぐにメガネが欲しい」…といったお急ぎのご要望にもお応えできるように、1時間以内で作製・お渡しする対応力があります(営業時間や店舗状況等によります)。一方、縁なしメガネ(ツーポイントなど)やハイカーブサングラス、強度近視の方のための「プロフィール加工」など、機械はもとより熟練の技術がないと出来ない難しい加工も、和真にお任せ下さい。

    尚、仕上がったメガネは、レンズの負担となるような歪みの有無等を熟練した眼で最終確認し、お客様にお渡しできる製品かどうかを厳しく検品しています。

  • フィッティング

    メガネの大切な要素は良く見えること、そして“掛けやすい”こと。
    メガネは、適切な位置に掛けてこそ、最適な光学的性能(最適な見え方)を発揮しますが、そこで大切なのはメガネの掛け具合をしっかりと合わせること。
    例えば、新調したメガネは利用するうちに歪んだり弛んだりしますし、歪みを放置したままだと色々な弊害やストレスにも繋がります。また、お客様がうっかりメガネを踏んでしまい、大きく曲がってしまうことも…
    和真では、各店に20~30種類にもなる多種多様な専門の調整工具を揃え、お客様のメガネをしっかりと調整します。掛け具合の好みもお客様それぞれですから、正に職人技が問われる分野ですが、“お客様お一人お一人に合わせる”ことは和真では当たり前。無料のアフターサービスにも手抜きはありません。

和真のアフターサービス

送り出した我が子を迎えるように…
お買い上げ後も手厚くフォロー。

詳しくはこちら
  • 似合うメガネの選び方
  • メガネの基礎知識
  • 子供