ロービジョンケア

ロービジョンになると、日常の生活での読み書きや行動に多くの不便が生じます。
しかしながら、視力障害の方がそれぞれ持っている視機能(物を見る能力)を最大限に活用して生活の質の向上を目的とするケアを、ロービジョンケアと言います。

ロービジョンとは

病気や怪我などで、メガネ・コンタクトを装用しても十分な視力が出ない、または視野が狭いなどの状態をロービジョンといいます。

ロービジョンの定義

世界保健機構(WHO)は、視力矯正で両眼視0.05以上かつ0.3未満をロービジョンと定義しています。一般的には、視覚活用が可能だが眼鏡やコンタクトレンズで矯正しても、日常生活で視覚的に困難を感じる状態を総称しています。

色の見分けでお困りの方はこちら

色識別補助レンズ カラービュー

カラービューは、色識別をサポートするメガネレンズです。
色の見分けでお困りであったり、色の見え方に満足をされていなかった方におすすめのレンズです。

詳しくはこちら

ロービジョンケア設置店 店舗一覧

和真のクオリティTOPへ

  • 似合うメガネの選び方
  • メガネの基礎知識
  • 子供