ファッションアドバイス

「自分に似合うメガネがわからない・・・。」

「メガネでイメージチェンジをしてみたい・・・。」

和真のメガネスタイリストがお客様のご相談に応じます。

和真の「メガネスタイリスト」は造形学・色彩学の知識を習得し、個性分析の理論を
活用して様々なイメージのメガネ選びをお手伝いする社内認定を受けたスタッフです。

お肌の色に合ったファンデーションやメイクがお顔を美しく見せるように、「似合うメガネ」はお顔をとても美しく引き立てます。
上手に選べば、お肌をもっときれいに見せたり、小顔効果を演出したり、クマなどのお悩み対策も・・・

和真のメガネスタイリストがお客様のご相談に応じ、光学・色彩学・造形学・・・さまざまな視点から、お客様それぞれの魅力を引き出すお手伝いをいたします。

メガネスタイリストが教える!メガネ選びのコツメガネで新鮮、印象変化!

STYLE 01

やりがちなメガネ選び

流行のセルタイプ

流行のセルタイプ。 「小顔に見えるから」と、大きいものを選びすぎると、鼻が低くみえてしまいます。また、全身のバランスも悪くなります。

大ぶりのセルフレームでも小鼻の周りに 1 センチ角の
スペースがないと鼻が低く見えてしまいます。

before

サイズなどをきちんと合わせると、顔がすっきり。
鼻筋もきれいに見え、知的なイメージにもなります。

after

STYLE 02

リフトアップ効果

目の錯覚を利用

メガネのアンダーリム(フレームの下の縁)ラインがフェイスラインを作ります。アンダーリムのラインがあがっているとフェイスラインも上がって見えます(目の錯覚の利用)

フレームの下のラインが丸いと頬も丸く見えます。

フレームの下のラインがキリっとあがると、
フェイスラインがリフトアップして綺麗に見えます。

STYLE 03

美白効果

明度対比

写真のメガネフレームは 同型です。 カラーが違うだけで肌の 明るさが違って見えます。 肌よりも暗いカラーを掛けることで、肌との対比効果で肌が明るく白く見えます。

肌よりも明るいカラーを掛けると
色の対比効果で肌色が暗く見えてしまいます。

肌よりも暗いカラーを掛けることで、
色の対比効果で 肌色が明るく見えます。

和真のクオリティTOPへ

  • 似合うメガネの選び方
  • メガネの基礎知識
  • 子供