従来サングラスとは、その名が示すとおり太陽の眩しさから、眼を守り、モノをはっきりと見るためのものでした。その後、軍事的背景・モータリゼーションの発達とともに、サングラスは、我々の生活に根付いていきます。
今やサングラスは、眩しさを防ぐという機能とは別に、ファッションアイテムという要素を重要視する時代となっています。

1960 1970 1980 1990 2000 FUTURE

遮光性の時代

ファッション性の
時代

スポーツサングラス
の台頭

紫外線防止の
時代

スポーツサングラス
機能性追究の時代

ファッションサングラス
多様化の時代

視認性と保護機能
優先の時代到来

1960年代 遮光性の時代

60年代のサングラスは簡素なクラッシック・スタイルがほとんどで、まぶしさや強烈な太陽光から受ける負担を和らげる目的にのみ使用されていました。
レンズはガラス製で色は単色のグレーかグリーンかブラウンでした。

レンズ

  • ガラス製
  • 単色
  • 色の選択肢が少ない
  • 遮光目的

フレーム

  • プレーン
  • クラシック
  • シンプル

1990年代① ファッションサングラス多様化の時代

90年代は、ファッション用サングラスはクラッシックで落ち着いたデザインに戻りました。レンズも同様に、単色でより限られた幅の色彩に戻りました。
また、高級ファッション・デザイナーズブランドは、目の形をしたクラッシックなサングラスに移行し、より精巧で洗練された仕上げが施されました。同時に、多数のブランドおよびファッション・デザイナーが期待された以上の成長を見せました。

レンズ

  • ガラス製
  • 単色
  • 色の選択肢が少ない
  • 遮光目的

フレーム

  • プレーン
  • クラシック
  • シンプル

1980年代 スポーツサングラスの台頭

80年代はまた、スポーツ用サングラス、特にスキーヤーや車・バイクに乗る人達の要求を満たすデザインのサングラスが登場し、新しい市場の幕開けを告げました。

レンズ

  • 紫外線防止レンズ
  • ポリカーボネート
  • 一眼レンズ
  • ミラーコーティングレンズ

フレーム

  • ナイロンフレーム
  • カーボンフレーム
  • 機能性重視

1990年代② スポーツサングラス機能性追究の時代

ファッションサングラスの流行とは逆に、スポーツ用サングラスは大胆で攻撃的なデザインへと変貌を遂げました。レンズはスポーツやドライビング時における性能向上を目的とした機能的役割を果たすようになりました。
現在では製品の品質、保護機能およびその他の機能に対する消費者の関心が高まっています。

レンズ

  • 紫外線防止&ブルーライト防止
  • 偏光レンズ
  • 視認性
  • 安全性

フレーム

  • アグレッシブなデザイン
  • ハイクォリティな素材

2000年〜FUTURE(未来) 視認性と保護機能優先の時代到来

フレームデザインの進化および素材に対する技術の発達が、新しい機能性レンズや新マーケティング戦略と融合し、サングラスを急速に進化させてきました。
サングラスはもはや単に遮光性を目的とした商品ではありません。
とりわけ洗練されたファッショナブルな商品であり、誰もが習慣的に着用し、より快適な視野と疲労を軽減しながら瞳を保護するという重要な役割を担っているのです。

サングラスの機能と効果

  • 似合うメガネの選び方
  • メガネの基礎知識
  • 子供