1951年(昭和26年)4月
埼玉県浦和市(現さいたま市)に眼鏡専門店を創設。
1964年(昭和39年)5月
株式会社に改組。社名を(株)和光とする。
1966年(昭和41年)4月
(株)西友と出店契約を締結、本格的な多店舗化体制に入る。
1966年(昭和41年)9月
卸部開設、(株)日和光器。
1976年(昭和51年)4月
東京・銀座に本店を開設、同時に本社を移転。社名を(株)和真とする。
1978年(昭和53年)7月
東京・新宿に都内最大級の大型店(地下1階、地上4階740平米)新宿本館を開設。
1980年(昭和55年)4月
池袋に東京眼鏡専門学院を開校(一般公募)。
1981年(昭和56年)11月
自社開発の特許商品を中心とした眼鏡卸業、エル特許眼鏡(株)を設立。
1985年(昭和60年)4月
東京眼鏡専門学院を高田馬場へ移転、同時に早稲田眼鏡専門学校と改称し、東京都認可校としてスタート。
1986年(昭和61年)4月
イトーヨーカ堂と出店契約を締結、大宮店に第1号店をテナント出店。
1987年(昭和62年)11月
フレンドショップ事業部設立。メガネ小売のボランタリー事業展開を業界に発表。
1988年(昭和63年)6月
平塚店を改装。「女性の時代」を先取りした業界初の“レディース・メガネショップ”開設。
1991年(平成3年)1月
ロイド眼鏡(株)を和真グループが吸収合併(仙台店ほか 3店)。
1991年(平成3年)4月
沖縄県那覇市に店舗を開設。東京・渋谷に店舗を開設。
1991年(平成3年)9月
早稲田眼鏡専門学校が、中国・天津医科大学(国立・総合医科大学)と提携し、「天津医科大学早稲田眼鏡学校」を開校。
1993年(平成5年)9月
イギリス・ロンドンに店舗を開設。
1995年(平成7年)9月
中国・天津市に店舗を開設。
1996年(平成8年)10月
イギリス・ロンドン・リージェント通りに店舗を移転開設。
1996年(平成8年)11月
フレンドショップチェーン 加盟100店舗達成。
1997年(平成9年)6月
中国・上海市に店舗を開設。
2000年(平成12年)4月
早稲田眼鏡専門学校を学校法人東京オプトメトリックカレッジ(現東京眼鏡専門学校)に統合。
2001年(平成13年)11月
銀座本店を改装。「遠近両用メガネ専門ショップ」として開設。
2002年(平成14年)8月
新宿ANNEXを新設。新宿3店舗体制「メガネタウン構想」を展開。
2003年(平成15年)3月
銀座本店を中央通り8丁目に移転。和真フラッグシップ店に。
2004年(平成16年)2月
全視界メガネ用パッド~MPツイン発売開始。
2004年(平成16年)7月
全視界メガネ イメージキャラクターに 橋爪 功 氏を起用。テレビCM開始。
2004年(平成16年)10月
和真グループ関連会社を(株)和真に統合。
2007年(平成19年)5月
和真メガネイメージキャラクターに内藤剛志氏、貫地谷しほりさんを起用。
中国・四川省成都市に店舗を開設。
2007年(平成19年)11月
宮城県仙台市に仙台本店を開設し、地区の旗艦店とする。
東京・日の出町、イオンモール内に店舗を開設。
2008年(平成20年)2月
中国・瀋陽に店舗を開設し、中国国内6店舗展開とする。
2008年(平成20年)3月
トヨタモール南棟(トレッサ横浜)に店舗を開設。
2008年(平成20年10月
越谷市イオンレイクタウン「kaze」内1Fに、総合型店舗を開設。
2010年(平成22年)3月
東松山市ピオニウォーク内に店舗を開設。
2010年(平成22年)11月
町田市ミーナ内に店舗を開設。
2013年(平成25年)4月
静岡市、マークイズ静岡内に店舗を開設。
2014年(平成26年)3月
東京、新宿区高田馬場に事業本部を移転。
  • 似合うメガネの選び方
  • メガネの基礎知識
  • 子供